180607_0170

小林ふぁ~むは山の湧き水、澄んだ空気、昼夜の寒暖差など自然豊かな福知山の環境と気候を生かしてお米や野菜を作っている京都府福知山市の小さな農家です。

山と川と線路に囲まれた六十内(むそち)という集落に田んぼや畑があります。

田んぼではコシヒカリや酒米(京のかがやき)、餅米(新羽二重もち)を作り、畑では夏の間ビニールハウスでトマト、露地畑ではトロなすやえびすかぼちゃなど様々な野菜を、そして冬には水菜・春菊・小松菜・ほうれん草などの葉物野菜を作っています。

180330_0690_1
IMG_8051

小林ふぁ~むの畑では野菜が虫にいたずらされても病気になっても農薬は使っていません。1匹1匹虫を手で取り除き、病気になってしまった株を抜いて処分し対応しています。また除草剤も一切使わず、少しずつ刈ったり抜いたりしています。

だから小林ふぁ~むの野菜は虫にいたずらされてキズができたものがいっぱいあります。葉っぱに穴があいたものもたくさんあります。はっきり言って見た目はぶさいくです。

でもしっかりと野菜の味がします。

180607_0473
IMG_1629

トマトはほどよく甘くて酸っぱい。キュウリはキュウリの味と香り。カボチャは甘くてトロなすはとろとろ。野菜らしい野菜です。近所のおばあちゃんがいつもキュウリを買いに来てくれます。ご自分でも畑で野菜を作っているのに、「あんたんとこのキュウリ、ちゃんとキュウリの味がするわ」と言って。何よりもの褒め言葉です。

小林ふぁ~むでは自分たちが作ったお米や野菜を自分たちの手でブランディングし販売していきたいと考えています。小林ふぁ~むのお米や野菜のことは私達が一番よく知ってます。私達が一番愛情を持っています。だから私達の手で小林ふぁ~むやお米・野菜について消費者の方に直接お話しして直接お届けしなければならないと考えています。

180607_0560
180607_0240
180607_0529

小林ふぁ~むは『消費者参加型農業』を目指しています。

ただお米や野菜を売るだけでなく、消費者の方々が農業に参加できる仕組みを提供していきたいと考えています。

例えば小林ふぁ~むが企画した農業体験やイベントに参加してもらう。小林ふぁ~むの考え方を伝えて米野菜を手に取ってもらう。FacebookやInstagram、ブログでリアルタイムの小林ふぁ~むの農業を知ってもらう。

楽しいことだけでなく苦しいことや悩み・失敗も含めたありのままの小林ふぁ~むを発信して受け止めてもらう。これだけで十分農業に参加したことになると考えています。

それにより食の大切さを理解してもらえれば、自給率のUPにつながります。また農業の大切さを知ってもらえれば、若者の農業離れにSTOPがかけられます。日本の農業が少しずつでも活性化してくれたら・・・とてもうれしいです。

=======================================

【小林ふぁ~む HISTORY】

2014年4月~

小林伸輔:大阪府堺市にて『みないき農業塾』に参加

2015年4月

大阪府堺市から京都府福知山市に移住 田畑の準備開始!

2016年4月~

小林伸輔:京都府担い手養成実践農場にて農業研修スタート

2016年10月~

小林伸輔:中丹地域農業基礎講座 受講・終了

2017年10月~

小林加奈子:中丹地域農業基礎講座 受講・終了

2017年10月

エコファーマー(米)認定

2018年2月

株式会社小林ふぁーむ設立

2018年3月

小林伸輔:農業研修終了

2018年4月

新規就農および青年等就農計画認定